通訳サービス・翻訳サービスを使いたい方へ

通訳サービスのご案内

通訳料の基準 (単位 円 税別)※表記金額に源泉徴収税10.21%が加算されます

一般通訳(商談、視察、パーティ等)

一日 半日 超過料金(1時間につき)
45,000 35,000 7,000

※英語以外の言語は、20~30%増しとなります。

会議通訳(専門的な会議、 セミナー、講演等)

一日 半日 超過料金(1時間につき)
70,000 45,000 12,000

同時通訳

Aクラス

一日 半日(3時間) 超過料金(1時間につき)
100,000 67,000 16,000

Bクラス

一日 半日(3時間) 超過料金(1時間につき)
72,000 48,000 12,000

※同時通訳の御依頼をいただいた場合には、聞き手に最大限伝わる通訳の準備のため、ご使用になるパワーポイントや原稿などの資料をご提供いただいております。またそれら資料に関し、通訳者と発表者の事前打ち合わせの時間も頂戴したく、お願い申し上げます。発表資料を事前にご提供いただけない場合は、同時通訳業務の遂行が不可能になる場合がありますことをあらかじめご了承ください。特に専門性の高い科学技術・学術分野におきましては遅くても3日前までにご提供くださいますよう、また、内容に変更が生じた際にはその旨ご連絡くださいますようお願い申し上げます。

医療通訳

1. 外来での医療通訳(診察・処置・検査・薬局・病院受付での支払い時まで含む)

初めの2時間 その後30分毎 1時間以内で終了した場合
15,000 2,500 別途相談
ex) 1時間未満は8,000等

2. 入院病棟でのスポット通訳
(医師からの治療方針の説明、医師からの経過観察の説明、医療従事者と患者・患者家族とのカンファレンスなど)

初めの2時間 15,000
その後30分毎 2,500

3. 入院病棟での長期入院の医療通訳(上記スポット通訳・付添時通訳・入院手続き・退院手続き・薬局での説明等全てを含む)
以下、時給あるいは日給を選択

1時間 3,000
※18時〜22時は3,750(125パーセント)
※22時〜6時は4,500(150パーセント)
1日 20,000〜30,000

観光ガイド

一日 半日 超過料金(1時間につき)
35,000 20,000 5,000

通訳料の算出方法

時間区分

  • 1日とは、拘束が8時間未満で、実働は7時間以内となります。
    これを越える場合は、超過料金を加算させていただきます。
  • 半日とは、午前又は午後のいずれかの4時間以内となります。
    午前(半日)から引き続き午後(半日)にまたがる場合は、拘束時間が半日を越えることから、1日の料金となります。
  • 昼食時間にまたがる場合は、昼食休憩時間として、1時間をとり、実働時間には含みません。
    昼食時間にまたがる場合で、昼食休憩時間に会食等を開催し通訳を実施する場合は 超過料金を加算します。

深夜早朝料金

早朝(午前6時~午前8時)の業務25%増し
深夜(午後8時~午後10時)の業務25%増し
夜通し(午後10時~午前6時)の業務50%増し

出張料金

1. 通訳者がその居住する市町村を離れて1日未満の業務を行う場合、旅行時間と実働時間の合計が4時間以内の時は半日料金とし、それを越える時は1日料金となります。
ただし、旅行時間と実働時間の合計が8時間を越える時は、移動拘束料として半日通訳料の50%を加算します。

2. 通訳者がその居住する市町村を離れて1日以上の業務を行う場合、通訳料のほかに次の移動拘束料を加算します。

a. 会議日の前後に4時間未満の移動拘束が必要な場合 半日通訳料の50%(待機の時間を含む)(片道につき)
b. 会議日の前後に4時間以上の移動拘束が必要な場合 1日通訳料の50%

3. 移動拘束時間は、札幌市在住の通訳者はJR 札幌駅を起点とし、それ以外の市町村に居住する者については、最寄りの交通機関の発着地を起点とします。(ケース・バイ・ケースとなります。)

4. 日当(食事等の費用)

1日 5,000~7,000円

キャンセル料金

契約後において発注をキャンセルした場合の料金は次の通りです。

2週間前 見積料金の10%
7日前~4日前 見積料金の30%
3日前~2日前 見積料金の50%
前日~当日 見積料金の100%

業務の事前打ち合わせ

会議等の前に打ち合わせを行った場合、その時間も実働時間に含まれます。

タクシー使用

通訳者の旅行(移動)が早朝や深夜(午後9時以降)となった場合、タクシー代を加算します。

通訳者の数

  • 同時通訳の場合、3時間以内の業務には2名、3時間を越える業務には3~4名必要です。
  • 逐次通訳の場合、半日のとき1名、それ以上のときは2~3名必要です。(随行通訳者を除く)
  • セミナー等で1名の通訳者が逐次で業務を行う場合、50~90分ごとに休憩時間が必要です。
  • 発言者が多い場合、打ち合わせの必要があり、通訳者は2名必要です。

通訳者の業務の範囲

通訳者は、通訳業務のみを行います。
翻訳業務を必要とする場合、別途翻訳者を依頼するか、担当通訳者に別途翻訳料を加算して業務を依頼してください。
また、通訳者は、渉外業務など、通訳業務以外の仕事は行いません。

協会の不関与

通訳業務の契約については、当協会は関与いたしません。
契約は、クライアントと各通訳者との間の取り決めによるものとし、万一トラブルが生じた場合は、両者間で解決に当たるものとします。

翻訳サービスのご案内

翻訳を依頼するにあたり、以下の点を考慮いただきますようお願いいたします。

実際の翻訳料金は、納期までの日数、依頼する文書の分野や難易度、翻訳者のレベル、ネイティブスピーカーによる翻訳文チェックの有無など、様々な要因を総合的に踏まえた上で決まります。従って下記の表はあくまでも目安であり、厳密な翻訳料金は担当する翻訳者と相談の上で決定となります。

料金表にある用語の意味は次の通りです。

  • 「一般」… 手紙やEメールなどの通信文を始めとする平易な内容の文書。
  • 「専門」… それ以外の文書。論文、報告書など。

翻訳料とは別に至急料金や消費税が発生する場合、また固定料金や最低料金を設定している場合があります。
詳細はHICOMおよび翻訳者にご相談下さい。

ここでは英語のみの翻訳における料金を提示しています。
英語以外の外国語翻訳に精通した会員もいますので、HICOMまでご相談下さい。

英語→日本語(原文200語あたり) 一般 2,000円~(10円/語~)
専門 3,000円~(15円/語~)
日本語→英語(原文400字あたり) 一般 4,000円~(10円/字~)
専門 6,000円~(15円/字~)
  • キャンセル料金… 着手後にキャンセルになった場合は、翻訳済分の料金をいただきます。
  • 至急料金… 内容に応じて、50%-100%割り増しになります。