ご挨拶

北海道通訳者協会(HICOM)のホームページへようこそ!

北海道通訳者協会は、会員のwell-being(幸福)の向上を図ることを目的に、国際コミュニケータとしての資質向上に努めようという意志をもった北海道在住の通訳者・翻訳者により1998年に設立されました。
HICOM was founded in 1998 by interpreters and translators residing in Hokkaido for the purpose of enhancing our professional roles and supporting one another's personal growth and well-being.

HICOMの目的・趣旨

 HICOMが発足してから約20年の間に、北海道と日本を取り巻く状況は大きく変化しました。
 2017年には、第8回冬季アジア競技大会が開催され、国内外から多くの選手・競技関係者が来道し、さらに、2026冬季オリンピック・パラリンピックの札幌開催を目指した取り組みを行っていくことが決定されました。
 2020年は東京オリンピックが開催され、また白老にアイヌ国立博物館がオープンする年ですが、北海道はこの年の来道外国人数の目標を、500万人に引き上げました。また、道内企業の海外企業とのビジネス交流も大きく伸びています。
 HICOMは、現在、道内各地の翻訳者・通訳者合わせて90名近くの会員を擁し、対応可能な言語も多岐にわたっています。
 ヒト、モノ、情報の往来がより速く広く世界を駆け巡る時代となり、HICOM会員の果たす役割は今後ますます大きくなっていくものと期待されます。
 HICOMは、これからも言語の専門家として切磋琢磨し、さらなる飛躍に向け、活動を続けてまいります。

会員になるための条件

相応の対価を得て通訳業務、翻訳業務、通訳案内業務に従事した経験のある方。